‥ お知らせ ‥   
 事務局だより
  林業技士資格の更新について       (一社) 日本森林技術協会 林業技士事務局

○登録更新の手続きについて
林業技士の資格は、登録後 5年間の有効期間となっています。これは取得後も、森林・林業に係る技能を研鑽し、林業技士としての技術をさらに向上して頂くことを目的として、更新制度を設けたものです。更新期限につきましては、技士証の裏面に登録更新年月日と登録有効期限が記載されていますのでご確認下さい。
年度の更新に該当される方には、12月中旬に事務局からお知らせし、申請書と手続きの進め方について
ご案内をしますので、忘れないように更新手続きをして頂くようお願い致します。
登録更新の受付は、原則として更新期限前の1月から2月となっています。更新手続きをしなかった場合、有効期限満了と同時に登録は失効しますので、再度登録するまでは効力がないものとなってしまいます。

○ 登録更新の基準について
登録更新に当たっては、一定の基準をクリアした者が申請を行うことができることとなっています。この基準は、5年間での技術研鑽の総取得点数で 30点以上、CPD時間で 100時間のいずれかとなっていますので、更新時に備えて研修参加や職場内研修を行ったことなどを日頃からメモっておくことが大切です。

また、自己学習では、例えば、JAFEE(森林・自然環境技術者教育会 )等に認定された教材の購読も配点となります。    
林業技士会」会員には1年に 3点が付与されます

この技術研鑽の配点基準については下記の表のとおりです。
林業技士の登録、更新、各種手続に関する問い合わせは、「林業技士事務局」にお願いします。
п@  03-3261-6692
メール  jfe@jafta.or.jp